ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

リニューアルの必要性

機械式駐車装置の耐用年数とリニューアルの必要性について

多くの管理組合・オーナー様のお悩み

  • 経年劣化に伴い故障増加
  • 維持・修理費用増加(保守・保全費用が高い)
  • 錆発生(車両に錆付着)
  • だから
  • (※更に修繕での延命には限界あり)
  • 装置が小さい(5ナンバーセダンタイプ)
  • 車種の多様化でエコカーやハイルーフ車が入らない
  • 居住者の高齢化・交適網の発達
  • だから
  • (空き区画発生による)

故障・トラブルの増加、装置の寿命、収支の悪化等から入れ替えの時期は確実に訪れます。

リニューアルの必要性と経過年数のグラフ
支出のさらなる増加
支出のさらなる増加

リニューアル工事の時期は・・・

竣工から20年前後
で実施したマンションが多数を占めています。

経過年数別更新時期の実績

経過年数別更新時期の実績のグラフ さらに

IHI扶桑エンジニアリングならば・・・

IHIグループ 安心の延長保証制度

安心の5年保証

お引き渡しから1年の保証期間を
IHI運搬機械株式会社との保守点検契約継続期間中は
最大5年まで延長いたします。

※保証期間中に設計、製作、据付の不良に起因する不具合が生じた場合は、弊社が適切と判断する方法により、無償にて、当該原因部分の修理または部品の交換をおこないます。


マンションの修繕サイクルと設備耐用年数の目安

  • 年数を重ねるにつれて破損・故障 や汚れといった老朽化は避けられません。
  • また見た目では分からなくても内部の劣化や腐食がかなり進んでいることもあります。
  • マンション・設備の修繕サイクルは部位によってさまざまですが、特に12年目、15年目に大規模な工事が必要になります。

修繕サイクル図

※公益財団法人マンション管理センター(長期修繕計画と修繕積立金資料参考)

ご利用者様の安全を第一に、より良い駐車装置をご提供します

近年、機械式駐車装置で痛ましい死亡事故が多発したことにより2015年1月1日、国土交通省より駐車場法施行規則の改正が行われ、大臣認定制度が改正されました。その結果、2016年7月から新たな安全基準が運用されました。

駐車装置図

駐車装置図

その他のコンテンツ

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。