ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

会社概要

1947年創業。この実績と確かな事業ノウハウ。

創業以来、エンジニアリングのエキスパート企業として、快適な環境づくりを目指し技術開発、技術の蓄積、技術力により、幅広いお客様のニーズに応えてきました。長年培ってきた高度な技術力に裏付けられた、これらの事業ノウハウ、実績により各方面から高い評価と信頼をいただいています。

会社概要

社名

株式会社IHI扶桑エンジニアリング
(英文名:IHI Fuso Engineering Co.,Ltd.)

設立

2009年1月30日 ※創業 1947年3月

資本金

8,000万円

代表者

代表取締役社長 成田健二

従業員

115名(2017年4月1日現在)

売上高

75億9,982万円

事業内容

1.機械式駐車装置(二多段式)の開発・設計・販売・施工
2.既設機械式駐車装置(二多段式)のリニューアル

株主

IHI運搬機械株式会社 100%

主な加盟団体

公益社団法人 立体駐車場工業会
一搬社団法人 日本パーキングビジネス協会 他

沿革

1947年3月

「扶桑興業株式会社」設立
昭和22年、太平洋戦争終結後、外地鉄道従事員引揚者の更生援護の使命を帯び、当時の運輸省、国鉄、大陸鉄道従業員援護会等の支援のもとに、資本金50万円で設立。 当初は鉄道車両のメンテナンスなどを手がけ、石油タンクタンクやガスタンクの製作、上下水道管やガス管の敷設、橋梁の建設等の【プラント事業】を中心に我が国の社会基盤の整備に寄与してきました。

1961年10月

東京証券取引所第二部上場(2007年7月上場廃止)

1984年7月

【マンション分譲事業】を開始

1991年4月

「扶桑レクセル株式会社」に商号変更
【機械式立体駐車装置事業】を開始

2009年3月

株式会社大京に吸収合併

2009年6月

株式会社大京より会社分割し、「株式会社扶桑エンジニアリング」設立

2012年1月

IHI運搬機械株式会社の100%子会社になり、「株式会社IHI扶桑エンジニアリング」に商号変更
※現在は、【機械式立体駐車装置事業】を専業で行っております。

2015年3月

年間据付パレット数 10,195パレットを達成。

2016年3月

2年連続で年間据付パレット数 10,000パレット超を達成。

2016年4月

二多段式駐車装置向け水害対策パネル(業界初)を開発、販売を開始。

その他のコンテンツ

ローカルナビここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

TOPへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。